Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/attusin/public_html/novel/novel_ssind/dorekuse_ind.html on line 4
カセ支部小説

About "AT通信"

  • FEZ内であまり役に立たない情報を、自分達が楽しみながら発信していく「組織」、またはその「情報媒体」です。

POWER PUSH EVENT

PICK UP

NOVEL

「奴隷のくせに生意気だ」---著[Anry]---画[]---

目次

↑の目次内からページを選んでクリックすると飛びます。

奴隷のくせに生意気だ

あらすじ

 ある夜のこと、ゲブランド帝国の辺境に位置する小さな村に、一翼の竜が現れた。
 竜は火焔をもって村を焼き払うと地に降り、そこで逃げ遅れていた貴族の令嬢ブランテスと出会う。
 竜がブランテスを焼き払おうとした所に現れたのは、奴隷の少年ヘリンだった。
 ヘリンの捨て身とブランテスの秘術により、竜の片目を奪うことに成功し、逃げ出すことができた二人。
 逃げた先の物陰で口論しかけたが、現状の確認のほうが大事だとその場は収まる。
 竜が吼え、夜空を見上げると、怒りを散らす竜がいた。
 竜は二人を探しているようで、ヘリンは自分が囮になるからと言い残し、単身で竜の視界に飛び出してしまった。
 ヘリンの蛮勇に怒りを覚えると同時に、彼を失ってはいけないと思ってしまったブランテスは、無謀と知りつつ人の身で竜へと挑むべく対抗策を練り上げ、ヘリンと共に竜に立ち向かう。

 絶望的な竜との戦力差によって追い詰められ、最早これまでと進退窮まった二人を、闇夜を切り裂いて現れた召喚騎兵『ナイト』が救い出す。
 見慣れぬ国章を身に着けた『ナイト』に、ブランテスは感謝と疑念を抱き、ヘリンは共闘を申し出る。共に竜を追い払ったヘリンたちに、『ナイト』は事件の元凶を語る。

 肥大を極めた帝国より諸王国が独立し、その鎮圧と粛清のためにあの竜が放たれたのだと――これが、後に語り継がれる『カセドリア独立戦争』の一幕であった。

「ノベル-AT通信-」作者と作品一覧

作者
作風
作品
Anry
Anry近影
独自の世界観が特徴。キャラ同士のセリフの掛け合いも面白い。
「Ring of the Kingdom」「War Dogs」他、読みきり1点
ルジェリア
ルジェリア近影
恋愛系が多め。女の子らしい内容が貴方を癒してくれるはずです!
「3 color's」他、読みきり3点
レゴルス
レゴルス近影
ギャグか?ギャグなのか?!本人は至って本気の作品達。BL臭がするのは僕が腐っているからか、、、。
読みきり3点
ディガル
ディガル近影
戦争・戦闘描写が細かい。何度も読み返す価値があるかと。
読みきり「浦波」
カヤ・エリル
カヤ・エリル近影
何気ない日常・会話、その中でふと考えてしまうことってありますよね。そういうお話。
読みきり「それを、覚えているだろうか?」
xxMILKxx
MILK近影
ファンタジー世界への飛び込めるような内容。あと恋の始まりの香りがぷんぷんしてきます。
連載小説「題名の無い物語」

※文章を閲覧される場合は、サムネイル画像をクリックして下さい。